大山寺|開運 茨城 花の寺めぐり

花の寺3番 高根山 大山寺 

六波羅密 六波羅蜜 悟りを求める人の実践すべき六つの徳目

本堂で参拝を済ませ、庭を探索していると、本堂の左側に
「六波羅蜜」という看板が…
学生時代に歴史の授業で六波羅蜜寺が出てきましたが、
六波羅蜜とは一体何でしょうか。

本堂の渡り廊下の下が低いので、頭をぶつけないようにとの
配慮でしょうか、一段低い通路があり、砂利が引いてありました。
ここを渡ると、まっすぐが墓地、右に六波羅蜜がでてきました。

六波羅蜜 悟りを求める人の実践すべき六つの徳目

botan ここには、このようなことが書いてありました。

「六波羅蜜とは、悟りを求める人の実践すべき六つの。
徳目である。即ち、六つの徳目とは、布施、持戒、
忍辱、禅定、精進、智慧である。
ここの六波羅蜜園には、この六つの徳目を石に刻み、
その傍らにその意味を書き加えてある。」


六波羅蜜に入ると、石に刻んだそれぞれの徳目と、
その横にその意味が確かに書かれていました。


botan 布施…施しであるが、施したことを心に止めず代償を求めないこと
である。物だけでなく心も言葉も同様である。

忍辱…耐え忍ぶことである。それにより仏の心が分かる。

持戒…自らを戒めることである。
その基準は、如何なることにも対処できる高度な常識である。

禅定…落ちつきである。静かな心で自分を客観的に見つめることである。

精進…不断の努力である。常に誠心誠意、精一杯尽くす ことである。

智慧…真理をみきわめ、悟りを完成させることである。
六波羅蜜では、この智慧の徳目が最も肝要とされている。
他の五つの徳目は、智慧の徳目を得るための準備手段として
要請されているものである。


サイト管理人プチコメント

弘法大師の座像が安置されている弘法大師堂があるのですが、
ここで「南無大師遍照金剛(なむだいし へんじょうこんごう)」と
唱えていると、心が落ち着いてくるのを感じます。この言葉は、
弘法大師の教えを信じ、自分を大師さまに任せるという意味があるようです。

大山寺までのアクセス

botan 高根山 大山寺
茨城県東茨城郡城里町高根118
029-289-2090
←大山寺の花の寺スタンプ



拡大地図を表示

開運 茨城の花の寺めぐりトップページ
花の寺第1番 阿野沢 龍谷院/ 龍谷院その2
花の寺第2番 箱田山 金剛寺/金剛寺その2
花の寺第3番 高根山 大山寺/大山寺その2
花の寺第4番 小瀬 江畔寺/ 江畔寺その2

花の寺第5番 戸村観音 文殊院/文殊院その2
花の寺第6番 徳蔵(とくら)大師 徳蔵寺/徳蔵寺その2
花の寺第7番 那珂 一乗院/一乗院その2/ 一乗院その3
花の寺第8番 瓜連 弘願寺/弘願寺その2
参拝記念スタンプと御朱印
各寺への地図(各寺のページの最後にも掲載)
サイト管理人について